すっきりと

シンプル探究

暖かいウールタイツを切りっぱなしでスパッツに

f:id:susumeko:20170307081203j:plain

2シーズン活躍したウールのタイツ。

底裏だけ擦り切れて穴が開いてしまった。

穴以外はまだまだキレイだし、ウール85%で本当にあたたかくて良い品だった。

ウールの防寒性能は最強だし、高かったし、捨てるには惜しい。

 

というわけで、切りました。

足首をチョキン、糸くずを落とすだけ。

切りっぱなしでスパッツにリメイク。

 

履いててほつれるようなら捨てる覚悟で切ったのですが…

ほぼ、ほつれ無し。

ネットに入れて洗濯機でがらがら洗っても平気、ぐいぐい引っ張っても大丈夫。

デニムの下に重ねたらやっぱりフワッと暖かいの。

ほんと捨てなくて良かった。

 

防寒なら化繊よりウール

今季、しまむらで240デニールという超厚手の裏起毛タイツを買いました。

厚みもあって毛玉もできにくいし、それはそれで凄いと感じたのですが、改めて比べてみると、やっぱり断然ウールが暖かい。

 

www.sukkirito.com

 

上下ともに秋冬インナーはウールを愛用中ですが、選ぶときに注意しているのは混紡率です。

ウール10%でも「ウールタイツ」として売っていますから・・・。

ウール混紡率の高いものがオススメです。

 

こちらはウール76%で混紡率お高めのスパッツです。↓