すっきりと

シンプル探究

市販の洗剤を買って洗濯洗剤ボトルを白化する

f:id:susumeko:20170118132831j:plain

今使っている洗濯用洗剤、ラベルがどぎついです。

白くてシンプルな容器に変えたい。

お金は掛けたくない。

ってことで、市販の洗剤容器で白化してみました。

中身はHYGIA

f:id:susumeko:20170118132828j:plain

愛用中のHYGIA。

ラベルを剥がせば白化ですけどね…(*_*;

容量450g と小さいので、アタックNEO容量610gを購入。

これで詰め替えの頻度を減らせます。

濃縮洗剤は計量キャップも小さい

希望は1L容器でしたが、市販の1L洗剤はどれも濃縮でないタイプ。

計量キャップが大きくて濃縮タイプは量りづらいため却下。

うちの洗濯機は、洗剤量1.0杯/0.8杯/0.6杯…と目安が表示されます。

キャップの何分目と、ぱっと判断できるのは大事です。

計量キャップ比較

f:id:susumeko:20170118132820j:plain

左HYGIA、右アタックNEO。

これ、計量キャップの容量も使用量も全く同じでした!

中身を入れ替えても問題無く使えます!

 

30L/55Lの目盛りで水を入れ、ぴったり同量を確認。

ハイジア65L目盛りは、アタックの透明な線の位置と同量でした。

(上端と水55L線の間に透明な線が入ってます。)

 

アタックは底が平らで安定感あり。

残量が見える窓もあり。

注ぎ口が1ヵ所突起していて、シミに直接塗りやすい注ぎやすいので、アタックの勝ちかな。

漂白剤はセブンプレミアムの1Lに

f:id:susumeko:20170118132958j:plain

セブンプレミアム「衣類の液体洗剤」容量1Lです。

白化のブログでよく使われているボトルで、ラベルも剥がしやすくシンプル。

これに酸素系漂白剤ワイドハイターEXパワーを詰め替えました。

漂白剤はざっと目分量なので、計量キャップの大きさは気にしない。

 

泡スプレーが課題

f:id:susumeko:20170118132818j:plain

泡スプレーの緑よ…。

シミ落としにサッと使えて、ずぼら主婦には重宝してますけど…。

この泡スプレーが今後の課題です。