すっきりと

シンプル探究

無印良品アルミカードケースをファンデケースに使う方法。

f:id:susumeko:20161221112544j:plain

蝶番が壊れたまま使い続けていたファンデケース。

すっきりとさせるべく無印良品でアルミカードケースを買ってきました。

通常、カードや名刺を入れるための物です。

加工方法は簡単!

準備するもの

  • 無印良品『アルミカードケース プッシュ式』500円(税込)
  • マイナスドライバー
  • お使いのファンデーション&パフ
  • 爪楊枝(または先の細いもの)

f:id:susumeko:20161221112545j:plain

開くとこんな感じ。

加工は簡単、真ん中に付いているフラップを外すだけです。

f:id:susumeko:20161221112546j:plain

フラップは中芯に巻き付いている。

巻き付いた2ヵ所、隙間にマイナスドライバーを差し込んでひねる=広げます。

f:id:susumeko:20161221112547j:plain

こんな具合に巻き部分が広がったら外れる。アルミなので力は不要。

真ん中のバネはそのまま残して。

 

そして…

手持ちのファンデケースから中身のファンデ容器を外します。

たいていのファンデはケース裏に小穴があって、その穴に爪楊枝を刺し込めば外れます。

外れた容器の裏はねちゃねちゃの接着剤でくっ付いているので、ねちゃねちゃの接着剤ごとカードケースにイン!!

f:id:susumeko:20161221112550j:plain
うーん、ぴったり。

蓋側に横長のフラップがあるので、このフラップ裏にパフを仕舞ってもよし。

ファンデ、チーク、アイカラー等、全部まとめるのもありです。

アルミカードケースの内寸は?

プッシュボタン内側に突起があるので、そこを除いた有効内寸を測ってみました。 

縦57mm × 横94mm

このサイズ内のファンデ容器ならば収まります。 

ちなみに写真はETVOSのもので縦55mm横47mm。

汎用性あると思うので、気になる方はお手持ちのファンデ容器を測ってみて下さい。 

シンプル、使いやすい、軽い。

非常にシンプルな見た目。

プッシュ式でぱかっと開いて使い勝手も良し。

そして軽い。

ファンデ残量によるので参考ですが、総重量は46gでした。

鏡は無いけど鏡を付けたら重くなるし、私は外で小さな鏡を使うことがほぼ無いので、これで充分です。