すっきりと

シンプル探究

子供靴。細幅キッズシューズと普通幅ジュニアシューズを比べたよ。

f:id:susumeko:20180529140259j:plain

子供の靴を買い替えました。

アシックスのジュニアシューズTKJ129、色違いで2足。

サイズは22.5㎝。

わたしの靴が23.0㎝なので、その成長っぷりにちょっとビビります。

キッズからジュニアへ

計測してもらった足長は21.5㎝でした。

22.0㎝の靴はきつくなり、とうとうキッズシューズの卒業です。

キッズシューズはたいてい22.0㎝までなので、22.5cmからはジュニアシューズを履くことになる。

大きくなったもんだ。

小さかった靴がどんどん自分の靴に近づいていくのは、嬉しくもあり寂しくもあり。

細幅キッズと普通幅ジュニアを比較

娘の足は、踵が小さく細幅な足です。

そのため子供靴はずっとアシックス、TUM145というナロー幅のキッズシューズを履かせてきました。

ですが、ジュニアシューズにはナロー幅の靴が無い、普通幅しかない。

(アシックスのTKJ122というのがあるものの完売状態。瞬足は甲ベルト1本でよくないと判断し却下しました。)

仕方なく普通幅のを買ってみましたが・・・。

f:id:susumeko:20180529140302j:plain

右がナロー幅22.0㎝のキッズ。

左が普通幅22.5㎝のジュニア。

キッズのぽってりした形状に比べて、ジュニアはしゅっとスマートな形状をしています。

子供の成長時期に合わせて、形状を変えているんですね。

中敷きも比べてみました。

f:id:susumeko:20180529140256j:plain

右がナロー幅22.0㎝のキッズ。

左が普通幅22.5㎝のジュニア。

足幅も踵の大きさも、ナロー幅キッズとほぼ変わらなかった。

これなら普通幅を履いても問題なさそうです。甲のベルトは少し余りますけど。

 

今回ですね、初めて子供の靴を履かせてもらいました。22.5は何とか履ける。

3D中敷きとか踵とか甲ベルトとか、履き心地よかった。

これは、いい靴(笑)。