すっきりと

シンプル探究

ずぼらだから、リネンのバスタオル。

f:id:susumeko:20180308140339j:plain

我が家のバスタオル。

4年ほど前から、平織りリネンのバスタオルを使っています。

リネン100%の布を買って、自分で縫ったもの。

乾きが早くて扱いがラク。

こればかり、毎日使って毎日洗っての繰り返しです。

綿パイルのストレス

以前は綿パイルのバスタオルを使っていました。

かさばる。濡れると重い。パイルをふっくらさせるため何度も振って干す。

乾きづらいと生乾き臭が発生。それで時々漂白しなきゃならない。

柔軟剤は苦手。でもフワフワの為に時々買ってみるが、お金は掛かるし、やっぱり苦手で続かない。

だんだんゴワゴワになり、買い替える。このサイクルが早いから面倒。わりとお金も掛かる。

書き出してみたら、ストレスの無間地獄のようです・・・。

リネンはずぼらに優しいよ

リネンのバスタオルは扱いが本当にラクで、ずぼらな私に優しかった。

かさばらない。何度も振らずにサッと干せる。

乾くの早くて、生乾き臭はほとんど無し。漂白不要。

柔軟剤も不要で、使うほど柔らかくなり長く使える。

ただ、ちょっと高価ではある。

それでも綿パイルのストレスと買い替え頻度を考えれば、この出費は悪くないと思う。

f:id:susumeko:20180308141731j:plain

左は前の。毎日洗濯でだいぶ布が薄くなったけど、3年は使った。

それで自作したのが右の。厚手だから吸水力もアップ。さらに長く使えそう。

※ちなみに私が買ったのはこちらの布です。↓

古いタオルも残す

f:id:susumeko:20180308140335j:plain

古いバスタオルも、残しています。

旅行・帰省・私の体調不良など、毎日の洗濯が滞っても困らないように。

それから、嘔吐などの緊急時にも使えるように。

以前、娘が感染性胃腸炎で嘔吐を繰り返していた時、タオルが少なくて困った経験があります。

めったに出番はないけれど、ここは最小限じゃなく余裕を持って。

掃除に使ったりしながら、少しずつ消費していきます。