すっきりと

シンプル探究

洗濯洗剤ボトルの白化。セブンプレミアムに落ち着く。

洗濯洗剤、うちでは長らくハイジアを使い続けています。

中性洗剤で、蛍光増白剤無し。

汚れ落ちも良いし、香りも好き。

前に書いた洗剤ボトルについて、変化があったのでご報告します。

一年前はアタック大ボトル

ハイジア450gは詰替え面倒、大きい容器にしたい。シンプルに白化したい。でもお金は掛けたくない。

という考えでボトルを探した結果。

f:id:susumeko:20171214162550j:plain

ハイジアは、610gのアタックNEOボトルに。

漂白剤ワイドハイターEXパワーを、セブンプレミアムの液体洗剤(濃縮じゃないタイプ)の1kgボトルに詰替えました。

シミ取り泡スプレーも使ってましたね。

ハイジア大ボトル発売

ハイジアにも大ボトルが発売され、ハイジア大660gに変更。

f:id:susumeko:20171214150713j:plain

だが・・・持つとグニャッと凹む、滑る感じが、どうも持ちづらかった。

漂白剤は変わらず、セブン容器にワイドハイター。

緑の泡スプレーは廃止。

シミ汚れは、洗剤漂白剤の直塗りか、ウタマロ石鹸&洗濯板でこすればいいのだ。

白化ならセブンプレミアム

f:id:susumeko:20171214150709j:plain

結局落ち着いたのが、セブンプレミアムの濃縮液体洗剤の容器。

セブンプレミアムはシンプルボトルで白化にも人気ですし、間違いないですわ。

漂白剤&洗濯洗剤に統一感も出ました。

f:id:susumeko:20171214150704j:plain

キャップ容量は他の濃縮洗剤と同じ

計量に使うキャップ容量を比べました。

セブンプレミアム・ハイジア・アタックNEO、キャップ容量はどれも同じでした。

どの容器を使っても同じに計量できますよ。

容量400gで小さい問題

見た目も持ちやすさも大満足のセブンプレミアムですが、問題は小さいこと。

ハイジア450gよりも小さい400g。

詰替え頻度が高いのは、我慢です・・・。

今後、セブンプレミアムから濃縮洗剤の大ボトルが出るといいなあ。