すっきりと

シンプル探究

ミニマルでも季節感を。夏のかごバック。

f:id:susumeko:20170731084515j:plain

夏のかごバッグ。

少数精鋭で、1つだけ持っています。

たっぷり入る大きさ。軽い。オレンジ系のナチュラル色が、色々な服に馴染む。

f:id:susumeko:20170731084512j:plain

水筒ストール日傘なんか、ざっと入る。

A4雑誌も入るし、巾着で口を閉じることもできて、かなりの大容量。

春夏用のトートバッグといった存在で、ほんと重宝してます。

ミニマリスト的思考からの変化

これを買う以前、かごバッグを持たない時期がありました。

必要最小限に物を減らす、ミニマリスト的な思考で。

季節感のある物は一時期しか使えないからダメ、通年使える服や物が良いのだと考えて、かごバッグも排除。

通年使えるLL Beanのトートバッグを持ち、サンダルも無しで夏を過ごして・・・

ある時ぷつんと切れた。嫌になった。

おしゃれじゃない!夏コーデが決まらない!テンション上がらない!

かごバッグ欲しい!サンダルも履こう!

その季節しか使えない?いいよ!季節感、万歳!!

私には無駄な我慢だったのだろう、結局はかごバッグを買い、サンダルも買いました。

春夏はかご。秋冬はファー。

枕草子でありましたっけ。

春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・とか。

その時、その季節の感覚を、味わうのもいいもんです。

それに季節モノは早く取り入れると長く楽しめることに気づきました。

夏はもちろん、春先にかごバッグを出してきた時のワクワク感も好きなのです。

春夏はかごバッグ。

そして、秋冬はファーバッグ。

モフモフのファー小物が今季も流行りそうですね。先日GUでストラップがファーのバッグを見かけました、1480円で。

フェイクファーならお安いし、秋の早いうちに買って長く使うんだ。

この秋冬はファーの付いたバッグを買おうと、今から計画中です。