すっきりと

シンプル探究

カシミヤニットを自分で洗う。私の洗濯方法。

f:id:susumeko:20170401220241j:plain

カシミヤのニットを自分で洗いました。

厚みがあって暖かく、秋冬は一日おきに着るほど活躍したニット。

3つの道具でお手入れしています。

洋服ブラシ、

毛玉取り器、

ユーカランという洗剤。

カシミヤ&ウールのケアは段階的に

  • 脱いだらブラッシング。埃や汚れを取り、毛並みを整え、毛玉になるのを防ぐ。
  • 出来てしまった毛玉は、鋏か毛玉取り器で取る。取り過ぎは編地が痩せる、また穴を開けないよう注意。
  • 時々、手洗いで洗濯。

カシミヤニットを洗濯する頻度は?

皆さんどのくらいのペースで洗っているのか検索してみたら、まちまちですね。

何度か着たら/4、5回着たら/月1回/シーズン終りに1回だけ等々。

ちなみに私は月1くらいですかね。

防虫効果がある洗剤ユーカランはすずぎ不要

EUCALAN/ユーカランという洗剤について。

  • カナダ産
  • 「ユーカリ」と「ラノリン」を合わせたネーミング。
  • 100%天然素材
  • 4種の香り(ユーカリ・ラベンダー・グレープフルーツ・ジャスミン)
  • 防虫効果あり!(防虫効果があるのはユーカリとラベンダー)
  • すすぎ不要!

ラノリンというのは、カシミヤやウールに含まれる脂質成分。

普通の洗剤では洗う度にラノリンが失われてしまうけど、ユーカランはラノリン配合なので、風合いを残したまま洗えるのだそうですよ。

f:id:susumeko:20170401220234j:plain

洗面台をついでに掃除。

ユーカランを溶かした水に数分つける。

首まわり、袖口、裾、汗を含みやすい脇、汚れが付きやすい前身頃など、部分ごとに押し洗いすると・・・汚れた水が!

泡があってもすすぎ無し、そのままじんわり絞る。

ラノリンや防虫効果が落ちるので、カシミヤやウールのお洗濯ではすすがないのが良いそう。

バスタオルに挟んで水気を取ってから、洗濯ネットに入れ、濡れたバスタオルと一緒に洗濯機で軽く脱水。

平干しする。f:id:susumeko:20170401220237j:plain

ブラシで全体の毛を整えたら、完成。

型崩れも縮みもなく、くすみも落ちて、ふっくら軽い手触りが戻ります。香りもヨシ。

こんな感じで、カシミヤ&ウールの物は全てユーカランで洗濯し、まとめて保管。

防虫剤は使っていませんが虫喰いはありません。

洋服選びって人それぞれで、洗濯機で洗えるものしか着ない人も居るでしょうし、余計な道具を持ちたくない人もいるでしょう。私も基本はそのタイプです。

ですが私は寒がりなので、カシミヤの暖かさは捨てがたいのです。

だから自分で手洗いをする。

そしてがんがん着倒しています。