すっきりと

シンプル探究

お雛様の収納を改善。無印ソフトボックス衣装ケースに。

f:id:susumeko:20170323084723j:plain

お雛様の収納を改善しました。

これまでは届いた時の配送ダンボールに仕舞っていたので、見苦しかった・・・。

ぴったり収まる箱を探して、行き着いたのが無印良品。

『ポリエステル綿麻混 ソフトボックス 衣装ケース 大』税込2,200円

約幅59×奥行39×高さ23cm

布製ですが内側がコーティングされているので、ハリがあって形を保てる。

うっすら匂いが気になったので、2日間天日干しの後、いよいよ収納。

f:id:susumeko:20170323084721j:plain

・・・・屏風の箱が入りませんでした!!

きっちり計測したのに!

内寸がちょっぴり足らなかったんだーっ!

うわぁーん!!

衣装ケース長辺59cm→屏風箱の長辺58.5cmでピッタリ。

衣装ケース高さ23cm→屏風箱3.8+他の箱17.6=21.4cmでサイズ内。

 ↑ この高さがダメでした。

上蓋にマチはほとんど無くて、下側の深さ/高さの内寸は20.2cm。入れたい箱の高さは21.4cmですので、ぎりぎりファスナーが閉まらなかった。

…仕方ないので、屏風箱は外に。

f:id:susumeko:20170323084718j:plain

だがしかし、屏風以外はぴったり収まった。

うちのお雛様は、少し小さめの『芥子』というサイズの雛人形で、お内裏様&お雛様だけの『親王飾り』というものです。

腰高の桐箪笥の上に、赤い毛氈を敷いて、屏風、雪洞、桜と橘、三宝、人形台に人形を飾るスタイルです。

中に人形用防虫剤を4つ入れて。

雛人形の収納には湿気がNGだそうで、湿気の溜まりやすい下段は避けて、押入れの一番上の棚に仕舞っています。この衣装ケースは軽くて持ち手が四方に付いているので、ダンボールよりも出し入れしやすくなりました。

ダンボールは捨てたけど中の小箱は使う

お雛様の収納を検索してみると、中の箱も全部捨ててしまって、ジッパー袋や不織布で個々に包んで、コンパクトに収納されている方もいらっしゃいました。

うちも小箱を捨てて中身だけ入れたら、屏風まで収まるんですよね。

だけれど我が家は転勤族・・・折々の移動で破損するリスクを避けるため、小箱はまだ使います。