読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっきりと

シンプル探究

赤い長傘。軽くてシンプル280g。

ワードローブ

f:id:susumeko:20170302140615j:plain

久しぶりに長傘を買いました。

真っ赤な、赤い傘。

重量280g。

長傘としてはかなり軽くて、シンプル。

以前持っていた長傘は430gで、汚れと重さが嫌になって衝動的に捨ててしまった。

以来折り畳み傘でごまかしていましたが、やっぱり長傘はサッと使えて便利です。

本当に「軽量」の傘は少ない

購入の決め手は軽さ。

「軽量」「超軽量」で検索をかけても、本当に軽量である傘は少ないと思う。

「軽量」と宣伝してるくせに重量が400gとか500g超えとかね。何グラムから軽量と感じるかは人それぞれですが・・・400、500は普通の傘だと私は思う。ずっと持っていると肩が凝る・・・。

長傘なら300g以内、折り畳み傘なら200g以内くらいが「軽量」なのではないかな。

子供のとき買ってもらった赤い傘

昨年の春、娘の小学校入学にあたって通学用の傘を買いました。

その時にふと思い出したのです。

私が小学校に入学するとき、母が買ってくれた赤い傘のことを。

すごい好きだった、真っ赤な無地の傘。赤いランドセルに赤い傘。

買ってもらった時の嬉しさ。ときめき。素敵な傘を私は持っているという優越感。成長してサイズが小さくなってしまって、次に買ってもらったのが黄色の傘で、すごく寂しかった。

思い出したらもう赤い傘が欲しくて欲しくて。

 

うちは豊かではなかったし、母が選んで買う物はいつも安さ重視でした。「こっちが安いから」と言われてNOとは言えず。

また母は何故だか、可愛いもの女の子らしい物を避けていました。母が選ぶ物はたいてい私の「好き」とズレていたように思います。NOとは言えなかったけれど。

そんな中で珍しく私の心が躍った物が、赤い傘だったのです。

大人になって、子育てをして、あの頃の気持ちを思い出して、赤い傘を買う。

何とも言えない満足感でいっぱいです。

ちなみに。

娘に赤い傘の思い出を話したら、

「へえー。私はぜったい黄色がいいな。だって小学生っぽいもん。」

と黄色の傘を喜んでいました(笑)。

 

今回買ったのはこちら。

軽さ、手軽なお値段、シンプルなデザインで決めました。↓

 最後まで迷ったのがこちら。

超丈夫で超軽量!長傘なのに重さはたったの207g!機能性でいえば断然こっちが良さそうです。↓