読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっきりと

シンプル探究

市販の洗剤を買って洗濯用洗剤ボトルを白化する

f:id:susumeko:20170118132831j:plain

今使っている洗濯用洗剤です。どきついラベルがうるさい・・・。

これを白くてシンプルな容器に変えたい。

今流行っている「洗剤ボトルの白化」を私もやりたい。

でも極力お金は掛けたくない。

ってことでおしゃれ容器を買うのではなく、市販の洗濯用洗剤を買って白化してみました。

f:id:susumeko:20170118132828j:plain

愛用しているのはHYGIA。

ラベルを剥がせば白化ですけど・・・このボトルにちょいと不満がありました。

容量450gと小さい。

空になって詰め替えての頻度が多くて嫌でした。

そこで買ってきたのが、アタックNEO大サイズ、容量610g。

詰め替え頻度を減らすために理想は800~1Lの容器でしたが、計量キャップの問題がありこちらで妥協しました。

濃縮洗剤は計量キャップも小さい

洗剤の使用量は各銘柄ごとに異なります。

ハイジアは計量キャップが小さく、少ない洗剤量で洗える濃縮タイプ。

市販の洗剤ボトルを色々探しましたが、希望する1Lサイズの洗剤はどれも濃縮ではなく、1回の使用量が多いキャップが大きいものばかりでした。

大きい計量キャップにハイジア用の少量目盛りを書き足すのも考えましたが、家族が混乱すると思い却下。

うちの洗濯機は洗濯量に応じて入れる洗剤量が1.0杯/0.8杯/0.6杯・・・と表示されます。

キャップ一杯の何分目を入れるか、ぱっと見て判断できるのは大事だと思うのです。

f:id:susumeko:20170118132820j:plain

左はHYGIA、右がアタックNEO。

形状が違うけど、2つの使用量、キャップの容量は全く同じでした!!

アタックNEOも濃縮タイプですね。

30L/55L目盛りで計ったらぴったり同量で。

ハイジア65L目盛りは、アタックの透明な線の位置と同量でした。(上端と水55L線の間に透明な線が入ってます。)

アタックは底が平らで置いたときに安定感。また注ぎ口が1ヵ所突起していて、シミに直接塗れる、注ぎやすい構造なのもヨシ。

残量が見える窓もあるし、市販洗剤のボトルってよく考えられていて、使い勝手はいいんですよね。

漂白剤はセブンプレミアムの1Lボトルに

f:id:susumeko:20170118132958j:plain

セブンイレブンで売っている衣類の液体洗剤ボトル、容量1Lです。

他の方の白化ブログでもよく見かけたボトルです。ラベルも剥がしやすくシンプルで大満足。

この洗剤も濃縮じゃないので1回の使用量は多く、大ボトルで大キャップの洗濯洗剤です。

中身を使い切ってから、酸素系漂白剤ワイドハイターEXパワーを詰め替えました。漂白剤は目分量でテキトーに使っているので、計量キャップは何でもOKでした。

今後はシミ取り泡スプレーに課題

f:id:susumeko:20170118132818j:plain

おお、泡スプレーの元気な緑よ・・・。

気になるシミに夜スプレーして翌朝まとめて洗う、ずぼら主婦には有難い商品なのですが・・・。

今後はこの泡スプレーが課題です